よみがえる20世紀の列車たち4 JR西日本Ⅲ/JR四国

よみがえる20世紀の列車たち4 JR西日本Ⅲ/JR四国

 

 

 

direct_bn.jpg

品番:DR-3904 本体価格4,000円+税

ドルビーデジタル 70分(予定)

2018年1月21日発売
※情報は随時更新します。画像はイメージです。

鉄道撮影家・奥井宗夫氏が、平成初期(1990年代前半)
に8ミリフィルムカメラから8ミリビデオカメラに
持ち替えて、全国で撮り集めた列車たちの未公開映像を再構成した新シリーズ。

第4巻はJR西日本とJR四国の車両たちを主に紹介します。
東海道本線・山陽本線を西に下った岡山駅には、伯備線・津山線・鉄道吉備線・宇野線・瀬戸大橋線などの列車が発着。
国鉄色の381系特急「やくも」、117系快速「サンライナー」、キハ58系急行「砂丘」とともに、111系、213系快速「マリンライナー」、キハ185系特急「うずしお」などJR四国からの車両も姿を見せます。瀬戸大橋を渡ったJR四国エリアでは、本州から直通する寝台特急「瀬戸」のほか、キハ181系特急「しおかぜ」、快速「ムーンライト高知」などで活躍を続ける国鉄形の姿が。その一方、制御付振子式車両のパイオニア2000系 や8000系など、JR四国オリジナル車両も続々と登場していました。