阪急電鉄テラファイル2

九州の鉄道SPECIAL 1985&2020

品番:DW-4072

価格:税込4,950円

音声:ドルビーデジタル ステレオ/2音声 1.現地音+ナレーション+BGM 2.現地音のみ

収録時間:120分(予定)

※情報は随時更新します。画像はイメージです。

発売日:2020年12月21日

direct_bn.jpg

ブルーレイ版はこちら

 

 阪急電鉄各線の路線と車両を走行映像で紹介するシリーズ、「宝塚線」に続く第2作は開通100周年を迎えた「神戸線」。神戸高速線新開地駅を振り出しに、神戸三宮から神戸本線に入り大阪梅田駅へ。この路線を軸に、甲陽線・今津線・伊丹線を加えた列車と駅を、4K撮影の走行映像や駅撮、ドローン空撮などで紹介します。デイタイムのダイヤを構成する特急と普通はもとより、ラッシュ時に運転される通勤特急や通勤急行、今津線から神戸本線に直通する準急、さらに連絡線を経由して甲陽線や今津線に入る回送など様々な列車も収録。各線で活躍する現役車両を沿線からの走行映像や、特に駅構内で撮影された映像をふんだんに使用した、テラ級容量の撮りおろし走行映像作品となります。

ナレーター 竹房敦司
制作・発売 株式会社動輪堂
販売 ビコム株式会社