E235系1000番台 横須賀線・総武線快速【4K撮影作品】

E235系1000番台 横須賀線・総武線快速【4K撮影作品】

品番:DW-3839

価格:税込5,500円

音声:ドルビーデジタル ステレオ/1音声

収録時間:165分(予定)

発売日:2021年12月21日

 

direct_bn.jpg

 

ブルーレイ版はこちら

 

伝統のスカ色を纏ったE235系1000番台で快走!

 横須賀線・総武線快速は、神奈川県の久里浜駅から千葉県の千葉駅までを東京駅経由で結ぶJR東日本の運転系統名です。実際の運行状況はこれを基準路線とし、他路線への乗り入れなど様々にダイヤが組まれています。本作は、空港支線・成田空港駅から逗子駅までを乗車。長らくE217系がその運行にあたっていましたが、この度、E235系1000番台が新造され2020年12月より運行を開始。順次、E217系から置き換えられる運びとなっています。先行して導入された山手線のE235系0番台のデザインを踏襲しつつ、E235系として初めてグリーン車を連結させた車両です。
2020年からのコロナ禍で成田空港を離発着する飛行機は少なめ、それに伴い成田空港駅の利用客も少なく列車は静かに発車。成田線から総武本線へ合流するとヨツモノ(四街道〜物井)と呼ばれる列車の有名撮影地帯へ。広がる田園風景の中、緩やかに繋がるカーブを快走します。千葉からは中央・総武緩行線とも並行し路線は賑わいを増していきます。錦糸町を過ぎると総武トンネル・東京トンネルを経て、品川駅手前で地上へ。東海道新幹線や東海道本線などと並走すると、京急本線や相鉄線など全国最多の6つの鉄道会社が乗り入れている横浜駅に到着します。横浜駅を過ぎると東海道貨物線やいくつかの信号場を見ながら本作展望の終点、逗子に到着します。

撮影日 2021年9月8日 曇り
撮影車両 成田空港〜千葉(3924F)千葉〜逗子(924F)
E235系1000番台 F-12編成