よみがえる総天然色の列車たち第3章3JR篇〈前編〉

よみがえる総天然色の列車たち第3章3JR篇〈前編〉

 

direct_bn.jpg

品番:DR-4194 本体価格4,000円+税

75分(予定)

2017年5月21日発売
※情報は随時更新します。画像はイメージです。

 

8mmフィルム撮影家・奥井宗夫氏が、昭和60年代〜平成初期を中心に撮影された、これまでデジタル化されていなかった未公開カラーフィルムを再構成した新シリーズ。

第3弾は、「JR篇<前編>」。昭和62年、ついに国鉄分割民営化が実施され、JR各社が発足した。
国鉄時代からの車両たちは「JR」のロゴが付けられただけで、そのままの姿で継承されたが、やがて各社オリジナルのカラーをまとうものも 続々と出現。
瀬戸大橋線など新線が開業する一方でオリジナルの新形車両も登場しはじめる。ジョイフルトレインの活躍も花盛りとなる。