2000系TSE 特急宇和海 往復 4K撮影作品 4K撮影作品【ブルーレイ】

2000系TSE 特急宇和海 往復 4K撮影作品 4K撮影作品

 

direct_bn.jpg

品番:VB-6745 本体価格6,000円+税

リニアPCM 183分+映像特典32分

2017年11月21日発売

 

DVD版はこちら

 

 

世界に誇る!!日本の鉄道技術の結晶・TSEの記録!

 1989年、JR四国・2000系気動車の試作編成としてデビューしたTSE(Trans Shikoku Experimental)。
気動車に搭載された制御付き自然振子式車両としては、世界初の営業運転となった。こののち、制御付き自然振子式は全国に広まり、大幅な時間短縮と乗り心地改善というダブルの効果を生み出した。
在来線の高速化に大きく寄与した革新的な車両・TSEだが、2000系量産車の増備や8000系導入後、土讃線系統から予讃線系統へと移り、現在は、松山~宇和島の特急宇和海での運用を主としている。
今回は宇和海の運用を4K撮影で往復。犬寄峠・夜昼峠・法華津峠を越え、最高速度120km/hで予讃線・内子線を駆け抜ける。急勾配、急曲線をものともせず、山あいにエンジン音を響かせ、車体を傾けて驀進する姿は圧巻の一言。
 映像特典には、松山運転所でのTSE形式紹介、さらに臨時特急南風・しまんとでの営業初日(1989年当時)のTSEの映像を紹介。

撮影日 2017年7月25日 晴れ時々曇り
撮影列車 1057D(特急宇和海7号)松山 → 宇和島TSE 2001(カメラ設置)・2201・2101
1062D(特急宇和海12号)宇和島 → 松山TSE 2101(カメラ設置)・2201・2001
映像特典 TSE形式紹介/TSEデビュー時の映像

■ジャケット写真提供:川田 英登氏

※プライバシー保護・保安上の観点から映像・音声を一部修正しています。
※小雨による水滴の付着や、トンネル内など一部に見づらいと感じる場合があります。
※作品内のテロップは自社調べによるものです。

JR四国承認済