東京モノレール 全線往復 ≪デイ&ナイト≫ 4K撮影作品【4K・HDR】Ultra HD ブルーレイ

東京モノレール 全線往復 ≪デイ&ナイト≫ 4K撮影作品【4K・HDR】UltraHDブルーレイ

 

direct_bn.jpg

品番:VUB-5801 本体価格6,000円+税

リニアPCM (時間未定)

2017年11月21日発売
※情報は随時更新します。画像はイメージです。

 

ブルーレイ版はこちら

 

世界初!運転席展望 Ultra HD Blu-ray 4K夜景・宮古島〜癒しのビーチ〜に続く待望の第3弾!

 東京モノレール浜松町駅から、羽田空港第2ビル駅までの17.8㎞を結び、普通列車のほか空港快速・区間快速を運転している東京モノレール。
本作は、東京モノレールで活躍する新型車両・10000形の運転室より前方の風景を高精細4Kシネマカメラ“VARICAM LT"で撮影。
東京モノレール浜松町駅〜羽田空港第2ビル駅の≪昼≫と≪夜≫、それぞれ往復の前面展望映像を収録する。
特に≪夜≫の展望映像は、次々に流れてくるビル群や道行く車、街頭の光をしっかりと捉え、これまでに見たことのない列車からの4K・HDR映像を満喫できる。

映像特典は、10000形の形式紹介と、夜の車窓(一部抜粋)を収録。

 

4K解像度 従来のフルHDテレビの1920×1080画素から3840×2160画素へ、4倍の解像度で映像がより緻密に。
BT.2020規格 Ultra HD Blu-rayや4K/8K放送で採用の「BT.2020」は、色の再現性が飛躍的に向上。自然界に存在する色の約99.9%を再現。
高コントラスト技術HDR 従来のテレビより輝度のダイナミックレンジ(高低幅)が広がり、暗いところも潰れることなくしっかりと再現し、明るいところは明るいままの映像が可能に。
H.265(HEVC) 現行のデジタル放送やDVDで使われているMPEG2に比べ約4倍、Blu-rayで使われているH.264に比べ約2倍の圧縮性能がある新しい技術。

 

※従来のブルーレイやDVD機器では再生できません。
また、HDRをお楽しみ頂くためにはHDR対応の4Kテレビ(又はプロジェクター)が必要です。HDR非対応の4Kテレビやハイビジョンテレビでも視聴可能ですが、この場合はSDR(従来の色域)となります。