よみがえる20世紀の列車たち9 私鉄Ⅰ 首都圏篇

よみがえる20世紀の列車たち9 私鉄Ⅰ 首都圏篇

 

 

 

direct_bn.jpg

品番:DR-3909 本体価格4,000円+税

ドルビーデジタル 70分(予定)

2018年9月21日発売

奥井宗夫8ミリビデオシリーズ「私鉄篇」第一弾

鉄道撮影家・奥井宗夫氏が、8ミリビデオで平成初期(1990年代前半〜中盤)に全国で撮り集めた列車たちの未公開映像を再構成したシリーズが新ステージ「私鉄篇」に突入。その第一弾では、首都圏の私鉄各社の映像を収録しました。 小田急電鉄が誇るロマンスカー3100形NSE車、引退を控えた3000形SE車や、東武鉄道1800系急行「りょうもう」をはじめ、8000系が活躍する東急電鉄、AE100形「スカイライナー」が登場した京成電鉄、京王線5000系・井の頭線3000系が主力の京王電鉄、大師線で700形が走る京急電鉄、2100系の車体が眩しい相模鉄道などで構成します。