昭和の原風景 日本の鉄道 九州編 第1巻

昭和の原風景 日本の鉄道 九州編 第1巻

 

direct_bn.jpg

品番:DW-4822 本体価格3,500円+税

ドルビーデジタル モノクロ 101分+映像特典13分(予定)

2018年11月21日発売
※情報は随時更新します。画像はイメージです。

 

ブルーレイ版 前編はこちら

DVD版 第2巻はこちら

テレビ草創期の昭和30年代、カメラは九州の鉄道と沿線の様子をフィルムに収めた。鉄道番組の元祖ともいえるテレビ番組『日本の鉄道』の九州編が、今よみがえる。
昭和35年10月から昭和39年1月まで、NET(現テレビ朝日)系列で放送されたTV番組『日本の鉄道』。九州地区はKBC九州朝日放送が制作を担当しました。主に九州の鉄道と、鉄道をとりまく名所や産業をモノクロ16ミリフィルムで撮影、紹介しています。当時の日常風景だった車両や駅、九州に生きる人々の暮らしは、現代の私たちから見ると、懐かしく、たいへん貴重な映像資料です。映像はKBC九州朝日放送に保管されていましたが、残念ながら当時の音源は失われているため、新たに字幕スーパーとナレーション、BGMを挿入、再編集して映像ソフト化。DVD4枚、ブルーレイ2枚の構成としました。放送から半世紀以上を経て、現在は大きく変わった風景と、驚くほど変わらない風景、その双方を楽しめる映像作品になっています。

映像特典 九州地方以外の路線、本編未収録映像
収録路線・地域(予定) 久大本線/宮原線/鹿児島本線/指宿線/筑豊本線/後藤寺線/志布志線(現:日南線区間)/島原鉄道・天草/長崎本線